【JAPAN HOBBY SHOW】デジタル時代の手芸とクラフト

ビッグサイトで開催されているホビーショーにいってきました。

JAPAN HOBBY SHOW 2017

手芸やクラフトのメーカーが集まり、ハンドメイドラヴァー向けに

ワークショップや特別販売や実演ショーなどが行われます。

今年のテーマは『DISCOVER HANDMADE〜上質〜』。

オレンジの花たちがいたるところにあってかわいかったです。

私は半分仕事、半分趣味。毎年ビジネスデーに行ってたのだけど今年は行けず

今日は土曜ということもあり、やはりものすごい人ごみでした。。

各社のワークショップもオープン30分で終日分完売。

ただイベント全体の派手で華やかな感じは、去年までに比べると

ちょっと控えめな印象でした。各社のブースもおとなしめで、

ちらほらと品のよいディスプレイがされていたなあと。

 

昨今のSNSブームを反映して

かわいい写真の撮り方指南的なブースがあったり

 

『インスタ映えする仕上がりになるキット』的なのも売られていて

すごい時代だなあと思いました。笑

 

キングジムのブースはHITOTOKIというブランドを出していて、

映像の使い方が素敵でした。

 

商品もめっちゃかわいかった!ホームページもかわいくて見やすいし

プロモーションがすごくセンスがいいなあ。

 

スワロフスキーは圧巻のゴージャスブース。ネイルEXPOもこんなのだった。

アクセサリーづくりやりたかったけど、混んでて断念。

 

ステージでは、私が行った時は東京家政大学がショーやっていて、

おかめちゃん衣装とお花モチーフの衣装がかわいかったです。

あとうまく撮れなかったけど琉球風のも素敵でした。

この子が抜きん出てスタイル良くて美人でウォーキングもうまかった…!

 

大手ミシンメーカー4社のブースは今回はこんな感じ。

 

 

ほかにも巨大ボンドがあったり

ジャッキーがいたり

謎の戦士がいたり

ちょいちょいおもしろいの挟み込んでくるクオリティ。

 

仕事の面では、今回初めて一般デーに行ったことで

見えてきたものもあり勉強になりました。

去年からミンネの実店舗イベントと合体していることもあり

以前のお祭り的なやり方から、メディアミックス的な要素が増してきたり

昨今の消費者のお財布の紐の硬さから

商品の購買の形もいろいろになっていたりして、興味深いです。

とはいえこれだけデジタルやWEBの時代でも

手芸やクラフトでこれだけの市場があるのがすごいところ。

私も来年こそはなにかワークショップやろうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です