【食神さま】【スーパー浮世絵】インタラクティブなお江戸アートみてきた

茅場町のオフィスビルの中に突如現れた展示、とてもよかったです。

食神(たべがみ)さまの不思議なレストラン

スーパー浮世絵 江戸の秘密展

どちらも日本の伝統を現代的な手法でみせて鑑賞させるもの。

身につくという点ではスーパー浮世絵のほうが学びが多かったのと

個人的にも江戸のほうが展示としてとても楽しめました。

 

食神さまは、MOMENT FACTORYというカナダのデジタルアート集団が

会場のインタラクティブアートを手がけてるそうで。

↓ちょいちょい展示内容わかっちゃう写真載せてます。

四季、伝統的調味料や味覚、お米、蒸したり揚げたりなどの調理法などを

テーマとして、それぞれの部屋で違ったコンテンツになっていました。

どちらかというとファミリー向けで楽しい感じ。

メディアやSNSに出ているのは四季のやつ↑が多いですが

私は調理法のやつが良かったです。

蒸す・焼く・揚げる・煮るの4つをイメージした音と光の空間。

 

伝統的調味料のところは、素敵なんだけれども

そこはかとなくRPGの武器店のような雰囲気が否めない。。。

 

スーパー浮世絵のほうでは、浮世絵の名画が再構築され、

会場の展示やアニメーションになっていておもしろかった!

浮世絵から読み取れる世相や流行も楽しく、よい展示でした。

 

花街・吉原のゾーンは、布で大きなパノラマスクリーンが作られて

リアうちで花街の絵が動いていて、全体の中で私はこれがダントツヒット。

かっこいいなあ・・・写真だと伝わらない・・・

間違いなく職業病ですが。。。インパクトあるし、

吉原の、高貴で教養が高く”選ばれた感”のある雰囲気が出ていたのが素敵。

こういうのやりたいな。

 

ミュージアムショップにハコゼンというお店がでていて

かわいさに惹かれて、いろいろ米を買ってしまいました。

いろいろな色の玄米。普通の玄米と雑穀米の中間みたいな味わい。

 

連休中とはいえ中の日の夕方なのでわりとすいていて、ゆっくり楽しめました。

2つ合わせて3400円ていうのがちと高いけど・・・

あまりメジャーな企画展ではないというのと、

高度な技術を駆使しまくってるから致し方ないのかな。

でもここは行ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です