【ディック・ブルーナの世界】シンプルの正体とは

GWまで松屋銀座で開催されていた、

シンプルの正体 ディック・ブルーナ展

以前同じ場所でミッフィー展をやっていましたが、

ブルーナが亡くなって数ヶ月、彼の作品全体を追うもの。

そのせいか、ミッフィーの時みたいなヒクほど混んでる、という状況ではなく見られました。

くまのボリス、ブラックベア、ペーパーバッグなどいろいろ出ていて

特にペーパーバッグはこういう回顧展でもないとしっかり見る機会がないので “【ディック・ブルーナの世界】シンプルの正体とは” の続きを読む

銀ぶらデザイン旅。【TDC】【渡邉良重展】

週末に銀座のふたつのギャラリーへ。

TDC @ggg(銀座グラフィックギャラリー)
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000703

東京タイプディレクターズクラブのコンペ作品展。

タイポグラフィを軸にしたデザインたちです。

これを書くまで私はずっとタイポディレクターズクラブだと思っていたのは内緒。

 

あまり詳しくはないですが、ほんとに文字組ばかりの

いわゆるタイポグラフィのイメージよりも広義なので

普通にグラフィックデザインとして見て楽しいです。

純粋なグラフィックデザインより、既にデザインとして成立しているものの中から

文字の部分だけを抽出して実験的な表現をしたようなのが多いと思いました。

 

“銀ぶらデザイン旅。【TDC】【渡邉良重展】” の続きを読む

印刷書体ができるまで。祖父江ワールド!

祖父江慎さんと小宮山博史さん監修のもと、

字遊工房が新しい書体をつくる仕事を追った展示。

祖父江さん!!!

これは行かねばと思い見に行ってきました。

印刷書体のできるまで -活字書体からデジタルフォントへ-


凸版印刷 P&Pギャラリー

http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/170311/index.html

このP&Pギャラリーは、凸版印刷が運営する

印刷博物館という素敵な施設の中の、これまた素敵なギャラリー。

本、パッケージ、活字など、印刷にまつわる様々な展示が行われています。

“印刷書体ができるまで。祖父江ワールド!” の続きを読む

「勝手に広告」の中村さんの個展。そしてメゾンエルメスの現代アート。

その昔。大学生なりたて頃?でお菓子のパッケージとか変なデザインが好きだった

私の心を、「勝手に広告」という展示でかっさらっていった人です。

中村至男 展 クリエイションギャラリーG8
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201701/g8_exh_201701.html

今あらためて見ると、もうちょっと違う見方あるでしょーと思うのですが

とにかく楽しくて、こういうのやりたい!とテンション上がったものです。

こういうのができるにはきちんとした土壌がないとダメと知るのは少し後のこと。

 

ユーモアたっぷりで、遊んでいるような感じで、でも洗練されていてかっこいい。

“「勝手に広告」の中村さんの個展。そしてメゾンエルメスの現代アート。” の続きを読む

地方でのデザインって大事。おいしい東北、素敵なパッケージ。

東北地方にある企業の、商品パッケージデザインの公募展のような展示です。

東北応援企画の色がけっこうあるけど、

豊かな文化や地域資源から生まれたものがうまく商品の形に出せてないというのは

地方であればどこでも見受けられること。

ただそれに加えて、寒い東北は温暖地域に比べてできないことが多いがゆえに

高い技術を受け継いでいく地盤があるのかなと思います。

おいしい東北パッケージデザイン展
東京ミッドタウン/デザインハブ
http://designhub.jp/exhibitions/2681/

前回より参加企業が増えて10点の商品が対象に。

南部せんべい、ヨーグルト、伊達茶、ハーブ酒、生もろこしなど。

ふつうにおいしそう。

 

うーん、確かにこれは若者買わないよな・・

“地方でのデザインって大事。おいしい東北、素敵なパッケージ。” の続きを読む