【まろやかな狂気/夢眠ねむ】アイドル本となめてはいけない。引きずり込まれる不思議な面白さ。

アイドルグループ でんぱ組.inc のメンバーである夢眠ねむ(ゆめみねむ)の作品集。

多摩美術大学卒、ヲタク研究家、メイド喫茶勤務、のちアイドルデビューという

なんとも気になる経歴の持ち主。

日常のことからアイドル専門分野まで様々なテーマについて、

インタビュー形式で彼女の思いや考えが語られています。

まろやかな狂気 / マーキーインコーポレイティド

https://www.amazon.co.jp/まろやかな狂気―夢眠ねむ作品集-夢眠-ねむ/dp/4434226223%3FSubscriptionId%3D0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82%26tag%3Dbooklog.jp-item-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4434226223

私がでんぱ組を見始めたのは「ちゅるりちゅるりら」の2014年から。わりと新規。

美大卒のねむきゅんには当初からシンパシーを感じていて、

“【まろやかな狂気/夢眠ねむ】アイドル本となめてはいけない。引きずり込まれる不思議な面白さ。” の続きを読む

漫画【宝石の国/市川春子】きれいで、美しくて、切ない、宝石になった人々のお話。

最近ハマって何度も読み返している漫画。

ぶっちゃけて言うと宝石の擬人化の話。

宝石の国 市川春子 アフタヌーン連載 既刊6巻

https://www.amazon.co.jp/宝石の国-4-アフタヌーンKC-市川-春子/dp/4063880443/ref=pd_sbs_14_img_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=B0HNYJAYM4ZM8AVR09G3

ダイヤモンド、ラピスラズリ、トパーズなど。

最近流行りの擬人化モノ。

うわあ・・・

 

・・と斜に構えてはいけない。

すごくおもしろいです。

きちんと設定が練られていて、本当に宝石が生きているような感覚。

“漫画【宝石の国/市川春子】きれいで、美しくて、切ない、宝石になった人々のお話。” の続きを読む

小石川後楽園で、開運桜と神楽と出会う

飯田橋と水道橋(後楽園)の間あたりにある、小石川後楽園に行ってきました。

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index030.html

見頃には少し早いけど、桜の咲き始めがきれいでした。

赤いつぼみがぽこぽこしているのがかわいかった。

いろいろな桜の種類があって

これなんて読むんだろう??と思って裏にまわると

“小石川後楽園で、開運桜と神楽と出会う” の続きを読む

印刷書体ができるまで。祖父江ワールド!

祖父江慎さんと小宮山博史さん監修のもと、

字遊工房が新しい書体をつくる仕事を追った展示。

祖父江さん!!!

これは行かねばと思い見に行ってきました。

印刷書体のできるまで -活字書体からデジタルフォントへ-


凸版印刷 P&Pギャラリー

http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/170311/index.html

このP&Pギャラリーは、凸版印刷が運営する

印刷博物館という素敵な施設の中の、これまた素敵なギャラリー。

本、パッケージ、活字など、印刷にまつわる様々な展示が行われています。

“印刷書体ができるまで。祖父江ワールド!” の続きを読む

銀座POLA MUSEUMにて、ガラス作家青木美歌さんの個展へ。

銀座1丁目のメイン通り沿い、POLAのショップの3FにあるPOLA MUSEUM。

このギャラリーのおもしろい点として、3Fで展示をやっているときは

1Fの化粧品フロアのウインドウもそれに合わせたものになっていることが多く

ギャラリー以外でもいつも楽しめます。

こんなのとか

“銀座POLA MUSEUMにて、ガラス作家青木美歌さんの個展へ。” の続きを読む

「勝手に広告」の中村さんの個展。そしてメゾンエルメスの現代アート。

その昔。大学生なりたて頃?でお菓子のパッケージとか変なデザインが好きだった

私の心を、「勝手に広告」という展示でかっさらっていった人です。

中村至男 展 クリエイションギャラリーG8
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201701/g8_exh_201701.html

今あらためて見ると、もうちょっと違う見方あるでしょーと思うのですが

とにかく楽しくて、こういうのやりたい!とテンション上がったものです。

こういうのができるにはきちんとした土壌がないとダメと知るのは少し後のこと。

 

ユーモアたっぷりで、遊んでいるような感じで、でも洗練されていてかっこいい。

“「勝手に広告」の中村さんの個展。そしてメゾンエルメスの現代アート。” の続きを読む

地方でのデザインって大事。おいしい東北、素敵なパッケージ。

東北地方にある企業の、商品パッケージデザインの公募展のような展示です。

東北応援企画の色がけっこうあるけど、

豊かな文化や地域資源から生まれたものがうまく商品の形に出せてないというのは

地方であればどこでも見受けられること。

ただそれに加えて、寒い東北は温暖地域に比べてできないことが多いがゆえに

高い技術を受け継いでいく地盤があるのかなと思います。

おいしい東北パッケージデザイン展
東京ミッドタウン/デザインハブ
http://designhub.jp/exhibitions/2681/

前回より参加企業が増えて10点の商品が対象に。

南部せんべい、ヨーグルト、伊達茶、ハーブ酒、生もろこしなど。

ふつうにおいしそう。

 

うーん、確かにこれは若者買わないよな・・

“地方でのデザインって大事。おいしい東北、素敵なパッケージ。” の続きを読む